予備校に補助金はあるのか

国の補助金や奨学金

国の補助金や奨学金 | 国の教育制度 | 教育訓練も受けることができる

日本国憲法では全ての国民に教育を受ける権利があると認めています。
それゆえに経済格差によって教育を受けるチャンスに差が生まれてしまうことは好ましくないとされます。
そこで補助金や奨学金などを用意して、幅広い方に自由な教育的選択が行えるようになっています。
では予備校についてはどうなのでしょうか。
予備校は希望の学校に合格するためのサポートを行っている場所です。
予備校が行かなかったとしても、希望の学校に受からないというわけではありません。
しかし、難関校に合格するためにはそのサポートを受けることが重要となるケースも想定されます。
そこで2018年1月からは教育訓練給付制度が拡充されました。
教育訓練給付制度とは一定の条件を満たしている雇用保険の被保険者が厚生労働大臣を指定を受けた教育訓練講座を自己負担で受講したときに、その経費の一部が給付金として支給されるという制度となっています。
ここで重要となってくるのが教育訓練とは何かということです。
教育訓練とは通信教育や予備校などのことを表します。
特定の学校に行くために予備校に通う際にはこの対象になります。

予備校で補助金は出るのか?予備校にかかる費用|高校3年生が1年間予備校に通った場合|河合vs駿台vs東進